現役人事労務担当が"うつ"再発やらかしながら休職はせずうまくお付き合いしている話

少しでもおかしいな"うつ"かなって思ったらすぐに病院に行って欲しいススメ。うつについて感じることをつらつら書きます。

産業医面談を受ける側になった人事ウーマン「私」(6月15日)

みなさまこんにちわー

ブログを書こうと思うとどんな流れで書こうかなーって思って時間が経ってしまいました。

結局何も考えずテキトーに綴ってるだけですけどね。

Twitterの方にはよくいます。細かく症状メモとして残せるので。

またうつ関係の方と励まし合ったり、とても声には出せないイライラなどぶつけております笑

 

twitter.com

 

今日は先日の産業医面談のお話。

基本的には全社員の勤務状況や、言動や外側から見える健康状態や様子をみて「産業医面談対象者」を決めていく立場なのですが、今回は受ける側になりました笑

 

ほぼ毎月衛生委員会後に指定した社員と面談を実施いただいた上、どうだったか?のフィードバックを受けたり、よく世間話してるので、慣れたドクターですし特に緊張もせず。

 

当日。

私「やっちゃいましたわー笑」

産業医「もっと早く言ってくれればいいのにー笑」

なんていうノリでしたがしっかりいろんな話を聞いてくれました。

 

過去にも過労で鬱になっていたことも打ち明けると、「どこの会社?」と聞かれ、

まあ回答したのですが(某有名飲食企業)なるほどね、と。

 

うちの産業医はある超有名病院から今はそこそこでかい病院の院長も勤めつつ、他の大企業の産業医もやっているそうなので、もし自分の顧問企業なら、と思ったんでしょうね。

(前聞いた情報によると多分の多分、該当しないはず)

ちなみに本職?は外科医です。が、もちろんメンタル面のこともご存知でございます。

 

内容としては、どんな症状なのかーとかすでに治療を始めていたのでこんな薬出てて、副作用はほぼないし効き目はこんな感じですー

とか、出張行ったら翌週あかんことになりましたーとかそんな話をして。

十分自分で把握してコントロールできてるみたいなので治療などに関してはいうことないし、むしろ詳しいねwという進行笑

そりゃー今までかなり調べたりしてますからね、自分ことも家族のことも、社員のことも含めて。

とりあえず真面目に通院して薬飲んで、無理せず焦らず、可能なら1週間くらい休むといいよ、なんて感じでした。

ここ1ヶ月のことはちゃんと主治医にも伝えてね、って指導されたので次の主治医の診察にはメモ持って行きました。

 

産業医には「自分できちんと気づいて早く治療開始できてよかったね」

 

ってお褒めの言葉をいただきましたので絶賛回復に向けてのらりくらりします。

 

そしてさすが、痩せたことに気づいてましたね。

単純に主人が炭水化物少なめ夕食にしているのと、水を2リットル目標で摂取して代謝あげる作戦中にあることもありつつ、食欲があんまないってのが手伝いまくってストレスMAXの3、4月の人生最大体重から4キロ減りましたからね・・・ 

 

で、

・残業は10〜20時間までを目安に(守れてませんがね!)

・出張はしばらく禁止

ということになりましたとさ。

 

ちなみに下の写真が通院前夜に書いたメモ。

私結構忘れ物多いタイプで、メモ忘れたらやべーなーとか思って念のためiPhoneで撮影しといたんです。

そしたらまんまと忘れましたよね、当日。

撮っててよかった・・・・笑

 

参考までに症状メモです。

仕事のように見やすくは書いてないので伝えたいことが散らかってますが。

ご了承願います。

 

www.dropbox.com

www.dropbox.com

はてな系のコンテンツあんま理解してないので、はてな直アップでなく、

Dropbox経由で見づらいかもしれませんがすみません。

 

ちなみに、今回のうつに関しては希死念慮はもともと無し、不安については自覚はなしです。(これは後日主治医の指摘が入りますが)

ただまあ、全世界が全部一瞬でなくなればいいのにとは思ってますw

やっぱこれも十分おかしいですかね。前からそう思ってるけど。

 

ただ身体症状の方が辛くて、体の重さとかギシギシ感が半端ない。

保冷剤が手放せないといった感じです。(火照る)

昨日ひたすらストレッチしたら筋肉痛になるというオマケもございましてねえ・・・

 

あと、上司から見るとやや攻撃的で投げやり感が垣間見れるとのことでした。

あと魂抜けてるってw

 

自分はなかなかいいんじゃない?って思ってても外から見てるとまだダメっぽいですな笑

あはは〜

3回目(初診から4週間目)の通院記録

みなさん、こんにちは!

先日のうつの谷からは山登りしてます。

比較的好調のしろはすです。

 

今日は3回目の通院〜4回目の通院(これから)の状況です。

 

3回目の通院時には主治医から「だいぶ安定しているので1ヶ月分、同じ処方で薬を出しておきますね」ということで症状は順調に回復しているように感じます。

が、Twitterをメモ兼吐き出し用に記録しているのでちょっと振り返ってみます。

(次回通院用メモにしようw)

twitter.com

↑よかったらお気軽にフォローくださーい!

 

5/24(水)

3回目の通院翌日 痛みがガンガンくる頭痛ではなくぼんやり頭痛があった

通勤の際は体が重く、朝なのに肩こりが半端ない。特に左がやばい。

幽霊でもついてるのかと思うくらい重い。

症状が出るときは概ね左側。謎の左現象。

その日は外出→直帰だったので早めに帰宅、休養で・・・と思いソラナックス飲んでねむりこけたら、電話の約束していたのにも出れずご飯の準備もできず鬱々とする。

 

5/27(土)

天気が良かったらしく、洗濯、掃除、車を軽く掃除、空気の入れ替え、その後空気清浄機全力でかける。

しかしながらご飯を食べる気がおきず、適当に過ごす。(夜まで多分食べてない)

 

5/28(月)

超絶怒涛の月曜日。魔の月曜日。

朝一では行けなかったため、10時半から出勤(準フレックス的な制度)

セルフでジェルネイルをしているが、集中力が続かず、数本生爪のまま1ヶ月が経とうとしていることに気づく。しかしやる気はおきない。

旦那は外に飲みに行ったが、行く気が起きないので家でダラダラ。

作りたくも食べたくもないが、食べないと悪化するのを知っているのでなんとか自炊。

出来上がりを見ると自画自賛でうまそう&美味いのでうつじゃないんじゃないかと勘違いしたりする。

 

5/29(月)

会社の歓迎会。つい酒を飲む(ちょっとだけね。酒好きなのでセーブするのがツラし)

帰宅後動悸。やっぱ疲れる。

しかし飲兵衛の美学としては翌日遅れて出勤するわけにはいかんのだ。

翌日無事出勤。

 

5/30(火)

急に仕事から逃げ出したくなる衝動にかられる。

トイレにこもって全く別のこと考えてなんとか乗り切る。

4月にやらなきゃいけない目標シートをやっとやーーーーっと作成する。

目標を立てること、達成することに前向きになれない。向き合えない。苦痛。

こんなことは初めてで、後日見返したら「何考えてかいてたんだ??」

という項目多数w

数字と戦う系仕事にどっと疲れて胸痛。というか集中できる時間が短い。

FacebookInstagram好きな方ですがほとんど更新、反応しなくなっていることに気づく。

 

6月初旬(急にざっくり)

月初は締め作業なので休むと大変なことになるのでソラナックス飲みながらのらりくらり一応出勤。

今まで育ててきた女性スタッフと、5月に入社してきた部下殿と分担できるようになったので、かなり気が楽だった。

ネイルは相変わらず変えられずまだ塗っていない爪が残ったままの状態w

無駄に他部署の部長レベルに可愛がられるのでそれに応えるのが面倒。

休日はだいたい寝っぱなしで何もできず、夕方になって何もしていないことに

混乱と罪悪感、強迫感に襲われて若干涙する。

とりタバ(とりあえずタバコ)しながらなんとか必要最低限やってた。

なんか無駄に体重減っていて複雑な心境(糖質少なめ取り組みを旦那がしているのと、

水を飲もうキャンペーン実施しているので代謝も上がった可能性と、一人の時は食事をサボるため)

昼寝しようとか思ってうとうと寝てると概ね悪夢。やめてほしい。

出勤時気持ち悪いことが多い。朝はきついなーという状態。

夕方になるといい感じになる典型的な状態。

 

6月中旬〜現在

だいぶ動悸や倦怠感、肩の重さが抜けてきた。

会社の行事で司会の仕事があるため意を決してネイルを変える。あーめんどくせ...という事でオヤジウケ良さそうな上品ピンクのワンカラーで精一杯。

会社と取引先との大きな会議での司会進行、そして面接と拠点巡回の出張に行ったらさすがにクソ疲れたらしく、交感神経大興奮のため土曜日発熱。

日曜も用事で外出してしまい、いい調子じゃね?と思い、

さらに軽度のうつと、健常の差がわからなくなり混乱。

(完全に勘違いですがwまだまだ治療中の身)

そのまま月曜日撃沈。

一日休むことを決意し、ひたすら寝た。

会社に行けなかったこと、何もできなかったことに鬱々し、

旦那がご飯作ってくれる横で泣く。(前回のお話)

翌日なんとか10時半から出勤。

うつの谷は抜けたようで、比較的普通に仕事に取り組む。

しばらくは出張禁止令が出る。

 

本日6/15 産業医面談(後述)

6/19 4回目の通院予定

 

総合的にはよくなっていると実感してますが、

まだ波はあるようです。

 

現在の具体的な症状は、

胸痛(以前より弱)

動悸(以前より弱)

急なうつの谷への冒険

集中力が続かない

風呂に入れない(2日に1回・・・)

掃除や洗濯が億劫(ほんとは結構好き)

寝るときに足裏が熱くて寝づらい。保冷剤があると眠れる。これは最近気づいた。

ロヒプノールが早めに切れるらしく、体を思って早めに服薬して寝ると

3時半、4時、5時などに数度に分けて起きてしまう。

 

全体を通してこんな感じですかね〜

きっと次も1ヶ月の処方だろうと思いますがいつ薬飲まなくて良くなるかなあ〜・・・

 

ま、今日も明日に備えて寝ますかね♪

まんまと鬱の波にやられたぜ

みなさまこんばんは〜

いつも偉そうな事や、綺麗事のような事を書いていますが、という表現をする時点で現在低い自己評価と体調の落ち込み中、鬱の谷のしろはすです。

 

金曜日土曜日と宿泊の出張に行き、

日曜日も外出して、早く帰って来て寝たつもりが今日はめでたく!会社に行けませんでしたー!!!!

 

会社に行けないのは久しぶり。

今思い出したけど部下殿から、モバイルにメール貰ってたのに返事してないな、すまん。。。

明日の朝、気づかなくてごめんて言っておこう。

 

うつは直線的には回復せず、

波のようにゆらゆらしながら底上げされていくことを忘れておりました\(^o^)/

 

完全に調子乗って活動しすぎたのもあるし、

波がやってくることを忘れており...

 

昔は休もうかな。という時には朝1日のスケジュール見て、引継や仕事に影響がないよう指示や依頼を考えて計画的に(?)休んでたんですが今はそれもできません。。。

 

午後から出ようと思ったけどなんかもー無理だったので開き直って1日休みにして寝てました。

眠剤いらなくね??ってくらい寝てました。

 

何もできなくて、きづいたら夜になっててちょっと絶望。。。

夕食作ってくれてる旦那はんに、ごめんねぇって泣きついて「泣かなくていいよ」って言ってくれてすこし気が軽くなった。

 

変に気を使う人じゃないのでありがたいです。

そしてこっそり人に相談して心配してくれる。

君は菩薩かね。

(気を使えないときはマジで使わないのでたまにイラつきますが精神的な発言ではなく主に物理的な掃除できない系案件なので、許容範囲)

 

そんなわけで今夜は逆にネガネガしまくって、

浮上を狙います。

明日は超超やな案件のミーティングがあるけど、プロジェクトリーダーの私だけ頑張っても意味ないからあえて黙ってようかと思ってる...

じゃないとやり過ごせないでしょ!

 

というわけであっという間に投薬約一ヶ月半で、かなり心身の回復は見られますがまだまだ元どおりにはいきませんね〜

 

今日も薬+サプリぶっ込んで寝ます!

次は数週間前の3度目の診察以降の経緯でもまとめようかと思います!

 

今日はただの症状報告でしたw

うつを治す気があるのかどうか

みなさまこんにちわー!

絶賛うつ診断中なのに軽快してきて調子乗って出張とかいっちゃってるしろはす at 東海道新幹線内でございます。

すでに、来週に不安を感じてますw

→補足:帰宅したら熱出ました。交感神経の異常な興奮の結果かと。

 

金曜日はある地方拠点で社員コミュニケーション(デスクで一緒に仕事するだけですがなるべく会話する)、中途採用面接、懇親会、その後フリーコミュニケーションで採用依頼されている部の部長と会社に対してとか色々話してました。

 

そこでの話題のひとつは「長期化するうつ社員には、うつを治す気があるのか」

という話題です。

よくよく話をすると彼も私もうつ経験者(一時的な休職含む)でした。

ですがお互い比較的短いタームで寛解を経験しています。(数ヶ月〜一年半)

弊社社員には数名うつ診断が出ている方がおり、皆長期化しています。(2、3年以上)

※まぁはっきりいって原因の多くはトップダウン経営で他の役員・管理職がほぼ組織としての意味を成してない事にあるんだと思いますが。

いわゆるワンマン社長的なやつです。

 

で、正直私は「寛解に至るつもりあんの??」

っておもってます。

 

私のうつの人を励ましたい心の対極には、

人事的立場から、「定められた職務を全うしない事」「労働契約を履行しない」ことは問題であり、それを踏まえて「最大限の安全衛生配慮義務を元に様々な施策、異動を行っても改善しない場合は...」ということにならざるを得ません。(うつの方を、どん底に落とすような発言かもしれません。ごめんなさい。)

 

幸いなのか何なのか弊社役員陣は非常に保守的なので降格もさせなければ退職勧奨もしませんが。

 

で、別にわたしはそういう方達に辞めろとは思ってませんが2つの考えは持ってます

 

●環境的、人間関係的なものであればいっそ転職したらどうか(弊社は年収ベースが比較的良いので離職すると年収アップは見込めないとか年齢の問題があるし、ネームバリューもそこそこある企業なので離職しないと分析。でも長期化するうつは自殺リスク高まるというデータがあるので、人生かかってるんだから真面目に考えろよと思う)

 

●上記の続きで、自分以外の生き物である他人の根本を変える事は不可能に近いので(たとえ家族であっても)自分を変えるしかないのではないか

 

という事です。

 

=====ここからベット at 自宅======

 

うつは寛解しない病気ではないと認識しています。

と、同時に投薬は対症療法であり、うつを治すものではないと捉えてます。

脳内伝達物質に働きかける役目であり、たとえば「抗」うつ剤は治療薬ではないんだと。

脳内伝達物質の不調と戦い、争うだけです。
勝つとは言ってませんねー、うん。

 

また、安定剤も症状の緩和に位置付けられると思います。

 

個人的に病院に通って真面目に薬飲んでるだけで寛解に至れるならいいけど、そうじゃないパターンの人が比較的多いのではないかと体感してます。

 

そしてうつの、長期化に発展する。

 

そんでもって「うつに対する正しい知識」や「捉え方」「よりよく体調を整える工夫」がない限り良くならなくて、それをサボる人はもはや治す気がないように見え、ただ、残念ですねーって評価されるだけなんじゃないかなって。

(仕事モードで外側から見た意見です、辛い症状は理解してるつもりです。)

 

認知行動療法の有効性が解明されてきた今、

それを試す、学ぼうとか、(日本にはまだそう言った施設は少なく閉鎖的で、カウンセリングとはまた違う位置付けになると現状は思っているが...)

 

少なくとも考え方を変えようとか、抱えてきたものを分散させようとか、それができない環境である場合も加味するなら、

栄養面をふまえ、より最善の健康を目指すにはどうしたら良いかなどの考えがなければなかなかうつループから抜け出せないとおもいます。

※最善の健康(オプティマルヘルス)=「構造」「生化学」「精神」の三要素がバランスよく三角形を描き、長生きすることだけが健康とは限らないよねーって主旨

www.johs.jp

 

ただ、なんで私がこんな事を書いたかというと、「寛解しない方が、大目にみてもらえて楽じゃね?」という魔がさすからです。

 

頑張りすぎないとかもよくわかんないので混乱もしてます正直。

社内の人間を取り替えられるわけじゃないのでそこに自分の恨み辛みがフォーカスする事が危険なこともわかります。

 

けど、上手くいかないよねーあは。

 

ひとまず、わたしは栄養面では、必要とされる栄養素+α 鬱に対抗するサプリメントで対策してます。

(前からマルチビタミンはとっていたけど、現状に合わせてビタミン及び補酵素の種類を追加、変更しました)

 

結論として何が言いたいかよくわからなくなりましたがw

 

皆、うつ寛解目指してなるべく早く気楽になろうよ!ってススメです。

母のうつに感謝できる自分がいる

本日も家族の話をしようと思います。

私の母は、更年期障害とストレスをきっかけにうつになりました。

 

私の母は本当に良い母です。義理の両親(つまり私の父方の祖母祖父)を本当の両親のように慕い、そして義理の両親も母を本当の娘のように仲良く、今もそうした関係です。

幼い頃からずっと、私が外出する際は必ず見送ってくれるし、母が食事を食べ終わっていて、私が仕事終わりで遅くに食事を取るときでも食卓に一緒にいてくれるし、洗濯物は日が出てるうちに取り込むし、昼寝しても15分とかだし、地域では常に人を励ますプロジェクトに取り組んでいました。

弟が中学から適応障害強迫性障害双極性障害?という経緯の中でいつも弟を受け止め、ついでに当時初うつとなった私がいて、昭和な男な父がいて(補足:父はまー面倒な人ではありますが両親はどちらも本当に好きです)とんでもないストレスの中、

母はいつも毅然と、明るく太陽のように、時には天然ボケ全開で可愛らしくて、私にとっては「世界一の母」なんです。

 

でも頼って、甘えすぎたみたい。

卵巣腫瘍(良性)の摘出を機に、ホルモンバランスが崩れ、更年期障害の症状が出始めたようでした。

「はあ・・・・」とため息をついたり、

ぐったりしていることが多くなってたことに気づけなかった。

父はそれにイライラし始めてしまい、遅くに帰った父に夕食を用意する際やっとの思いで怠そうな体を動かし、ため息をつきながら家事を始める母に、

「やりたくないないなら、やらなくていい!!!」とキレはじめる始末。

 

なんで気づいてあげられなかったんだろう。

強い母を信じたかったのか、見つめられなかったのか。

 

ある日突然「どうしても外に出れない・・・・」と言い、「死にたい」と言いだしました。

 

うつ病でした。

 

幸い、弟の強迫性障害はほぼ寛解し、私も社会復帰していたのでなんとか家庭は回ってたのですが、父はしばらくの間なかなか「うつ」を理解がし難かったらしく、また弟との関係は昔から良好とは言えなかったので、けんかやいざこざも多く、一時は家庭崩壊すんのかな〜なんて思ってました。

(そもそも弟の病気を何年も理解しようとしていない時点でおいおいだけど。

ま、男は外で稼いでくるから家庭はお前に任せた!系なんでしょうね)

 

父からのメールで「包丁を全部隠せ」とかあったりしてね。

 

母は、買い物もできず(メニューが浮かばないのでスーパーをうろうろ)、そもそも外に出れないし、死にたいとか、ごめんねとか自分を責めまくり、家事はほとんどできず、風呂も入れず、マジでどうしようと思いました。

精神病院に入院させてがっつり休ませようかとも思いましたが、父にも母にも反対されました。(強迫性障害がほぼ寛解とはいえ弟が母に依存していたという理由もあった気がする、よく覚えてない)

 

でもね、不謹慎かもしれないけど私「うつになった母」に感謝しているんです。

全てのことに意味があると思ってる。

 

父はゆっくりだけど理解を示し、家事や料理をするようになった。

弟も一生懸命洗い物や買い物をしてくれた。

私も嫁に行く前だったので、本当にいい花嫁修行ができた。(当時は誰とも付き合ってなかったがw)

至る所の掃除、丁寧な洗濯、いつも手作りしてくれた料理の味。(惣菜は買ってきませんうちの母)

家事でやらなきゃいけない事項はわかってても、教えてもらわないとできないこともたくさんあったし、わからない事も多かった。

けど母は動けないながら一生懸命教えてくれて、今まで自然と行動で教えてくれていたからこそスッと心に入って取り組めた。

 

そんなわけでなんとか仕事と両立しながら家族総出で母のやってきたことのフォローをしました。

家事の大変さ、家族と共に暮らしていくということ、思いやること。

全部とは言えないかもしれないけど教えてもらった素晴らしいきっかけでした。

家庭崩壊寸前からなんとか我が家は立ち直りました。

 

毎日が普通にあって、忘れてしまうことを気づかせてくれました。

母がうつにならなかったら私はもっとひどい嫁だったかもしれません。

 

自身がうつになって申し訳ないとか、消えたいとか、思う事あると思います。

私もたまに思います。

 

でも、私は自分以外の人がうつになる事で「感謝」ができました。

天涯孤独な方もいるかもしれないし、こんなこと言っていいのかわからないけど、あなたが今、病んでいてもきっと誰かの糧や経験になっていると思います。

そして、治らなくとも「共存」していけるのだと思います。

 

母のうつの発症からどのくらい経ったか詳細を覚えてないのですがもう3、4年経つと思います。

うつの母を置いて結婚するのは悩んだけど。。。

一時期よりはかなり回復して家事もできるようになったので私は自分の人生を進めることにしました。

まだ寛解には至ってませんが、通院もしっかりし、必要な一人での外出もできるようになりました。

きっともうすぐ、寛解するんじゃないかなって、思ってます^^

 

娘がそう思わなきゃね。

 

って娘がうつなう!なんだけどね!

もちろん母には内緒にしてます、心配させるから。

軽度なので普通を装ってます。

 

普通を装うのも疲れるのですが、やはり家族には顔みせたいので

月1以上は顔出ようにしています^^

 

なーんかまとまりのない文章だし、長いし。

共感できない部分があるかもしれませんが、そこは申し訳ありません。

けど今日は思いを吐き出してみました。

 

 

いつも文字ばっかりのブログにお付き合いありがとうございます。

コメントはお気軽にどうぞ^^

社会保険などのお話もできますのでその際はぜひご質問ください♪

最強の認知行動療法を見た日

本日は私の家族の話でもしようと思います。

話のオチとしては表題「最強の認知行動療法を見てしまった瞬間」です。

 

今回のうつ発症で医師にも初診で聞かれたのですが「ご家族にメンタル疾患の方はいらっしゃいますか」と。

ええ、いますともw

弟→中学から適応障害からの不登校通信制高校をなんとか卒業するも強迫性障害、現在躁うつらしい。なんとか生き抜こうと前向きなのでよし。若干シスコン気味か・・・?

 

母→更年期障害をきっかけに盛大にうつ発症。現在4年目くらいになるのかしら。

一時期はどうなるかと思ったけどゆっくり回復中

 

母方の祖父→詳しくは知らないが定年した際、喪失感にさいなまれ、うつだったんじゃないか疑惑あり。(当時はメジャーじゃないしね)

 

そんなわけで遺伝説も割とあるんじゃないですかね!笑

 

今日は弟の強迫性障害の時の話ですが、それはもうthe強迫性障害でした。

手を洗うことをやめられなくなったところから始まり、外は汚い、外出できない、

家にいても何か気にくわないものが触れると着替える(1日何回も)

風呂も何度も入る、アルコール消毒スプレーは必須、結果ほぼ部屋にいるという。

 

一度ものを考え始めると止まらなく、

「免許を将来取りたい、でも取れるか不安、でも取りたい(これを10000回くらい)

「飛行機に乗れるか不安、どうしたらいいかわからない、でも飛行機(以下略

これは親戚が大分にいて、いつか行きたいというところから始まったらしい。

印象に残ってるのはこの二つの話題だけど一日中付き合わされる母の気が狂わなかったのは本当尊敬しました。(のちにうつになりますけど)

どのくらいの期間だったか本人ではないので覚えてないんですが、1〜2年くらいはそんな状態だったかなと記憶してます。

 

ハンドソープ代、水道代、バカになんなかっただろうなあ・・・・

弟の主治医にも「難治、治る可能性は低め」と言われてた見たいです。

 

それがですね、なんかのきっかけで足の骨を折ったんです、弟が。

実家は二階建てで弟の部屋は二階。

階段は松葉杖をついて昇降できなかったようで、階段の床に手をついて上り下りせざるを得ないという本人にとっては絶望的な状況。

しかし風呂が1階である事でどうしても1階に降りるという作業が本人には必要だったらしい。

 

「汚い」のが嫌なのに、床、しかも人が何度も通るところ、ホコリもそりゃたまります。

でもそこに「手をついて」上り下りするしかない。

 

そしたら「汚いもの触っても大丈夫なんじゃん!!!!」って急に彼の頭の中でなったらしく、強迫性障害はほぼ寛解に至るという・・・

奇跡の骨折きっかけ。(骨折してなかったらどうなってたんだか恐ろしい)

認知行動療法とはこれか!!!!!!!!」と目の当たりにしました。

 

やっぱり認知の歪みやクセがメンタル疾患改善の一つのキーなんだなと、

ここまで体験したら納得せざるを得ません。

 

まだちょっと強迫性障害的な考え方の歪みは残っているのは姉としてわかってたんですが、最近LINEでいきなり「俺、これ系だよね?」と、強迫性障害の症状のスクリーンショット送ってきて、「お前気づいてなかったのかああああああ!!!!!」って驚愕しましたw

不潔恐怖症だけが強迫性障害だと思ってたらしい。

一言言いたい。「ちげーよw」

 

ま、今は躁鬱と戦いつつ、精神障害者枠でも正社員就業したいという事で就活中ですが、

良い仲間に囲まれ支えられながら、また姉としても応援しながら生きているのでひとまず良しとしたいと思います。

 

以上、最強の認知行動療法を見た日でした。

 

=====

コメントお気軽にどうぞ^^

傷病手当金のことや、職場復帰についてもアドバイスできる部分もあると思います。

よろしければtwitterもフォローください♪

twitter.com

【後半】再発 通院開始から約1ヶ月の経過

前半はこちら↓

lotusflower0222.hateblo.jp

 

さてさて、後半です。

診断から2〜4週目(投薬毎の期間で記載です)

【投薬内容】

ジェイゾロフト25mg→50mg

ロヒプノール 変更なし(1mg)

メイラックス 変更なし(1mg)

ソラナックス(ほぼ頓服利用)変更なし(0.4mg)

 

ジェイゾロフトは25mgから始めて50mgに移行し、症状に合わせて日本では最大100mgまで調整するようです。医師からも説明あり。

悪化ではないのでご安心(?)を。

 

●身体的症状

 肩こり。。。これは前からかなぁ?朝起きてすぐ肩こりってのもなんだか不自然な気もするのでおそらく症状かと。

そして、1年以上かけて克服した偏頭痛から解放されたのに、ぼーんやり頭が痛いことがある。過去のうつの際は気持ち悪くなるくらいガンガンと言うか、孫悟空の頭の輪っかが締め付けられてんのかと思うくらい痛かったのでそれよりは全然ましだけども。

頓服でソラナックス持ち歩いてるのですが、次の通院予定日前日に家に在庫あるのに、

出かけ用のポーチからストックがなくなってた・・・(使い切ってた)

肩に幽霊でも憑いてるんじゃないかくらい重かったのでちょいツラでした・・・

胸もちょっと痛い、動悸もちょっとした。ソラナックスゼロにはちょっとまだ時間かかるのかなーと思いました。でも依存がちょっと怖い。 

 

●睡眠について

ロヒプノールメイラックスですが、投薬前と比較すれば本当マシです。夢見が。

むしろ、薬のキレが悪くならないよう調整して早めに寝ているのと、仕事も諦めつけて切り上げたり、切り上げさせたりしてもらってるので会社に行けない、起きれないってことは2回目以降の診察はなかったかな。

でもたまに夢のことをふと思い出すと毛虫がたくさん出てくるとかあるんで、まだちょっとおかしいかなー

そんでもってジェイゾロフト増えた翌日はちょとフィットしない感じというか起きれなくて半休とったかもしれない。

その後は問題ないですけどね。

 

●仕事について

やっぱね、ちょっとテンパります。

優先順位がつけづらかったり。

月初の締め作業ではよく考えれば翌月伝票で調整できる資料を「今すぐ!本日中に!絶対仕上げたい!!!!」「どうしたらいいかよくわかんないけど無理!終わらせないと気が済まない!!」と騒いでほとんどパニック起こしてました。

やべえな自分、と思ったのでタバコ吸いに喫煙ルームへ・・・

落ち着け落ち着け・・・とよーーーーーく考えて経理にも自分にも負担のない方法を自分に説得させて、締め作業なんとか終わりました。

(結局次月に処理回した。たまたま回せるものだったので)

ちなみに上司が気を使いまくってくれて(いい意味で)

上司が心配になってきたw多分、私がうつになったこと責任感じてそう・・・。

 

総じて、後半の最後の方はのらりくらりと1週間なんとか無事に出勤しました。

外出→直帰でさっさと早めに帰るとか、勝手に自分で「復帰プログラム」ってことで午前半休取ったり。(通院ついで)

だいたいメンタル疾患で休職した人には復帰プログラム作りますからねー

今まで何人も作ってきてるのでお手の物です笑

 

 

※コメントなどはお気軽に♪♪

傷病手当金などの事もお仕事にしてます!